日々蓄積される疲労とはオルチニンでうまく付き合える

会社の規模を問わず、過労死問題が叫ばれて久しい今日ですが、誰しも疲労と付き合いながら生きています。実際に医師に診断を仰いだ結果が「過労」と認定されても、我々は労働と疲労の螺旋から抜け出すことはできません。なぜなら、職を失い収入が無くなることや履歴書に空白を作ることが恐ろしいからです。つまり我々は今日の疲労をいかに上手く軽減し、回復して翌日を迎えられるかということを考えなくてはいけません。

 

私は現在20代で営業職をしています。若さもさる事ながら体力には自信があり、疲れ知らずとまではいかなくとも、その日の疲れを翌日に持ち越すことはあまりありませんでした。ですが宣伝部から現在の営業部に転向してからは今までとの体力の使い方が比べ物にならず、なによりもストレスが尋常ではありません。

 

自社製品の売り込みをしているのですが、交渉どころかまともに話も聞いてもらえなかったりすると非常に悔しいですし、交渉でベストを尽くせなかったと感じると自分の力の無さを痛感し、そういった日はストレスも多いせいか疲労が抜けにくいです。翌朝起きると大抵の場合は体が重く感じ、昨日のことを思うと億劫になり、体力も気力もリセットできていないと感じます。

 

そういった日が続くとなかなか疲れが抜けず、次第にストレスが溜まっていき同僚には帯状疱疹を発症した人がいました。栄養ドリンクを飲んで一時的に誤魔化すことはできますが、蓄積された疲労という根本的な問題の解決には至らず、結局は翌朝も疲れたまま出社します。また、休日が不定期ということで「何日働いて何日休む」という生活サイクルを形成できないことも、なかなか疲労が回復されない要因でしょう。

 

そろそろ疲労が溜まってきているなと感じると、いつもより2、3時間多く睡眠をとるようにしたり、普段はシャワーで済ませるところをしっかりと湯船に浸かるなどして体のケアをすることで肉体的な疲労は抜くことができます。忙しさにかまけて疎かにしていた食生活も一日三食きちんと食べることで体質改善にもつながり、肉体的な疲労の回復が早くなったと感じます。特にオルチニンを飲むことで肝機能が改善して、肉体疲労だけでなくストレスも蓄積しにくくなったと思います。朝もすっきり起きれるようになったし、オルニチンの効果はかなり役立ったと感じています。

 

ですが肉体的な疲労もありますが、私自身に「疲れた」と感じさせている要因はストレスが大きいと思っています。一番のストレス解消法はやはり仕事での成功です。ですが、一日に何件も商談が成立するほど甘い世界ではないので、成果を得られない日の方が多いです。では、どのようにすればストレスを解消できるのかと考えた結果、私は体を動かすという選択をしました。

 

疲れているのに体を動かすのは矛盾しているように思われますが、肉体的な疲労と精神的な疲労は別であり、休日に思い切り遊んだり体を動かした結果、気持ちが軽くなって疲れが抜けたような経験はないでしょうか。いくら寝ても休んでも疲れが抜けない場合は、肉体的な疲労より精神的な疲労の比率が高い可能性があります。私の場合はサイクリングをしたり、オルチニンサプリメントを飲んだり、涼しい時間にランニングをするなど一人でもできる運動を休日に取り入れることで精神的な疲労の軽減、つまりストレスの発散に努めています。

 

もちろんそれが運動である必要はありません。映画が好きな人は映画を見に行けばいいですし、家でのんびりゲームをすることがリフレッシュに繋がるならそれを実行すればいいと思います。疲れているのだから一日中寝ていたい、というのではなく自分の疲労が肉体的なのか精神的なのか、どちらがより強いのかを見極め、オルチニンを摂取して肝臓から体を元気にすることが私なりの疲労との付き合い方だと思っています。

関連ページ

夜型生活で疲れている人はオルチニンを飲んで朝型に切り替えてみよう
夜型生活で毎日が疲れている人はオルニチンを飲んで朝早く起きることで疲れを感じなくなります。また出勤するまでの時間を使って勉強することができ、ビジネスマントとして成長できます。
オルチニンに癒されてその日のうちに疲れとサヨナラ
家事と子育ての日々につかれ、イライラしている時はオルチニンを飲むとと癒されます。徐々に気分が落ち着き、イライラと疲労が回復するようになりました。
朝起きた瞬間から疲れている時の対処法
朝に起きた時から体がだるく疲労感を感じている時は運動したりストレッチすることで解消できます。体に合った疲労感や不快感は軽減します。モチベーションを維持するためにランニングシューズやオルニチンサプリメントをを買うのもおすすめです。
疲れが残らないようにするために実践している3つの対策
日々の疲れが残らないようにするためには、オルチニンサプリメントを飲むこと、定期的なウォーキング、入浴後のストレッチをすることが大事です。
付き合いの酒にはステラ漢方のオルニパワーZnプラスが必須
会社の同僚や上司と一緒に飲みに行くときはステラ漢方のオルニパワーZnプラスを飲んでおくと二日酔いをしません。飲酒しない日でも継続して飲むと効果をしっかりと感じることができると思います。
オルニチンで40代主婦の疲労感とむくみを改善しよう
オルニチンを飲むことで40代からくる疲労や肥満を改善することができました。朝食後と寝る前にサプリメントを2錠ずつ飲むことで体調が良くなりました。
毎晩お酒を飲んで体を壊しそうな時にオルニチンに救われた話
主人を癌で亡くして毎晩のようにお酒を飲んでアルコールにおぼれていて肝臓を悪くしました。そんな時にお酒を飲む前にオルニチンを服用し始めてから、二日酔いもしなくなり、身体の調子も良くなりました。
翌日仕事がある日の飲み会はオルニチンで二日酔いにならない
飲みすぎて嘔吐したり、倒れたり、記憶を失ってしまうような人はオルニチンを摂取することで酔いにくくなります。また二日酔いでひどい頭痛に悩まされることもなくなるのでおすすめです。
休み無しの育児で疲労蓄積したときはオルニチンで栄養補給
休みのない育児で疲労が蓄積した時は暑いお風呂でじっくり汗を流し、お風呂上りや寝る前にオルニチンんで肝臓に栄養補給しています。オルニチンサプリメントのおかげで翌朝も目覚めが楽になりました。
オルニチンサプリメントを飲んで二日酔い対策
オルニチンサプリメントと揚げ物をお酒を飲む前に食べることで二日酔い対策になります。またアルコールの分解がすすむので悪酔いしないし、翌朝スッキリ起きられ、日頃の疲労も取れやすくなります。
打ち上げの宅飲みはオルニチンサプリメントで二日酔い対策
宅飲みでお酒をたくさん飲む前にオルチニンサプリメントを飲むことで最悪の二日酔いを避けることができました。またお茶やおつまみなども用意して、胃や肝臓を守ることも大事です。
オルニチンと朝の運動で体内時計リセット作戦
主婦業と子育てで慢性的な疲労と寝不足に悩まされていましたが、オルニチンのサプリメントを飲み、朝に運動することで体内時計をしっかり整えてすっきりと起きれるようになりました。オルチニンサプリメントの代わりにしじみのお味噌汁でもいいです。
過剰飲酒による二日酔いの原因とオルチニンを使った対処法
お酒をたくさん飲むと二日酔いになる原因と対策をまとめました。アルコールが入りすぎると肝臓での分解が間に合わなくなるので、オルチニンサプリメントやしじみの味噌汁を飲んだり、水分を沢山とったりすることが大事です。