打ち上げの宅飲みはオルニチンサプリメントで二日酔い対策

今まで準備していたイベントが大成功に終わり、イベントに携わった人達の数人で、打ち上げの名目で宅飲みをしようという話になったときの話です。集まった人達はお酒が大好きな人と苦手な人半々といったところで、持ち寄ったお酒は人それぞれでした。甘めの缶チューハイを持ち寄る人や、焼酎一瓶持ってくる人もいました。私はスピリッツ系をこよなく愛していたのでウォッカを一瓶買っていきました。

 

始まった宅飲みは、つまみというものが何もなく空酒するということになっていましたが、その時はイベントが成功したという高揚感からか「つまみなんて無くても酒なんて飲める!」というような勢いでお酒は減っていきました。一方私はウォッカを買っていたので少しずつ楽しむように飲んでいましたが、だんだんそのペースに押されていつの間にか2時間で一瓶空にしてしまいました。ここで普段なら絶対に明日二日酔いになるところですが、あらかじめオルニチンを飲んでいたという安心感がありました。しかし結果的には、そのオルチニンサプリメントを飲んだという安心感が逆効果になり、飲みまくってしまいました。

 

流石にヤバイと思い、お酒と一緒にお茶を飲みはじめました。まぁ悪酔いはしないだろうと高をくくっていたのが間違いだったのだと思います。尿意を覚えてトイレに立ったときに、視界がまるでパソコンを強制的にシャットダウンさせたようにバツンと真っ暗になってしまいました。そして勢いよく立ったことによって急に酔いが回り始め、方向感覚を失いその場に座り込んでしまったぐらいです。

 

そのまま私はトイレにも行けず座り込んだままでしたが、その間に飲んでいた人達がトイレに吐きに行ったり、何かが壁に激突する音だったり、視覚を奪われた状態なのもありますが、酔っていたのもありその惨状がとても怖く感じたのを覚えています。

 

次の日に待ち構えていたのは打ち上げをしたままのお酒の瓶が転がった部屋と、二日酔いでした。ただあれほど飲んだのに思ったよりひどくはありませんでした。流石オルニチンですね。もしオルニチンを飲んでいなかったどうなっていたことかと怖さもありました。その日も私は仕事があったのでむかつく胃を抑えながら仕事に行きましたが、正直余りにもだるくて仕事にならなくて大変でした。

 

その体験談から私はほかの人のペースに飲まれないようにするということを覚えました。そもそも私の飲むお酒がスピリッツ系なので他の人たちが飲むようなチューハイ等といった物のペースと一緒に飲んではいけなかったのです。それは当然なのですが、その場のノリというものについつい乗ってしまったのです。

 

それから必ず事前にオルニチンを飲んでおくことが大事ですね。これで翌日のアルコール分解度がかなり違ってきます。それと、おつまみを購入するということです。二日酔いで胃を激しくやられてしまったので、胃をコーティングするために乳製品系統のおつまみをよく購入するようになりました。チーズだとか、お茶の代わりに牛乳を飲んだりとかなり胃の粘膜を重視したおつまみや飲み物にした結果、二日酔いや胃のむかつきはなくなりました。

関連ページ

夜型生活で疲れている人はオルチニンを飲んで朝型に切り替えてみよう
夜型生活で毎日が疲れている人はオルニチンを飲んで朝早く起きることで疲れを感じなくなります。また出勤するまでの時間を使って勉強することができ、ビジネスマントとして成長できます。
オルチニンに癒されてその日のうちに疲れとサヨナラ
家事と子育ての日々につかれ、イライラしている時はオルチニンを飲むとと癒されます。徐々に気分が落ち着き、イライラと疲労が回復するようになりました。
日々蓄積される疲労とはオルチニンでうまく付き合える
仕事で肉体的な疲労で倒れそうになった時に、睡眠時間を増やしたり湯船につかることで疲労回復を促しました。またオルチニンサプリメントを服用することで肝臓の機能を改善することができます。
朝起きた瞬間から疲れている時の対処法
朝に起きた時から体がだるく疲労感を感じている時は運動したりストレッチすることで解消できます。体に合った疲労感や不快感は軽減します。モチベーションを維持するためにランニングシューズやオルニチンサプリメントをを買うのもおすすめです。
疲れが残らないようにするために実践している3つの対策
日々の疲れが残らないようにするためには、オルチニンサプリメントを飲むこと、定期的なウォーキング、入浴後のストレッチをすることが大事です。
付き合いの酒にはステラ漢方のオルニパワーZnプラスが必須
会社の同僚や上司と一緒に飲みに行くときはステラ漢方のオルニパワーZnプラスを飲んでおくと二日酔いをしません。飲酒しない日でも継続して飲むと効果をしっかりと感じることができると思います。
オルニチンで40代主婦の疲労感とむくみを改善しよう
オルニチンを飲むことで40代からくる疲労や肥満を改善することができました。朝食後と寝る前にサプリメントを2錠ずつ飲むことで体調が良くなりました。
毎晩お酒を飲んで体を壊しそうな時にオルニチンに救われた話
主人を癌で亡くして毎晩のようにお酒を飲んでアルコールにおぼれていて肝臓を悪くしました。そんな時にお酒を飲む前にオルニチンを服用し始めてから、二日酔いもしなくなり、身体の調子も良くなりました。
翌日仕事がある日の飲み会はオルニチンで二日酔いにならない
飲みすぎて嘔吐したり、倒れたり、記憶を失ってしまうような人はオルニチンを摂取することで酔いにくくなります。また二日酔いでひどい頭痛に悩まされることもなくなるのでおすすめです。
休み無しの育児で疲労蓄積したときはオルニチンで栄養補給
休みのない育児で疲労が蓄積した時は暑いお風呂でじっくり汗を流し、お風呂上りや寝る前にオルニチンんで肝臓に栄養補給しています。オルニチンサプリメントのおかげで翌朝も目覚めが楽になりました。
オルニチンサプリメントを飲んで二日酔い対策
オルニチンサプリメントと揚げ物をお酒を飲む前に食べることで二日酔い対策になります。またアルコールの分解がすすむので悪酔いしないし、翌朝スッキリ起きられ、日頃の疲労も取れやすくなります。
オルニチンと朝の運動で体内時計リセット作戦
主婦業と子育てで慢性的な疲労と寝不足に悩まされていましたが、オルニチンのサプリメントを飲み、朝に運動することで体内時計をしっかり整えてすっきりと起きれるようになりました。オルチニンサプリメントの代わりにしじみのお味噌汁でもいいです。
過剰飲酒による二日酔いの原因とオルチニンを使った対処法
お酒をたくさん飲むと二日酔いになる原因と対策をまとめました。アルコールが入りすぎると肝臓での分解が間に合わなくなるので、オルチニンサプリメントやしじみの味噌汁を飲んだり、水分を沢山とったりすることが大事です。